WSL 早く対応して欲しい点

Windows10 + ubuntu
最初は、こんなの使いずらい・・・と思ってましたが、先人達のブログ記事とかを漁ってうちに、「これ、いいかも・・・」と思うようになってきました(^_^;; やっぱりWindowsでLinuxネイティブバイナリが動くのは魅力。かなりずーと前にFreeBSD(98)とwineでWindowsバイナリを(かろうじて)動いていたのを思い出します。今となっては(僕にとって)実験的な興味以外意味なかったけど。

でも・・・まだまだ機能的にcygwinには追いついていないかも・・・。

早急に対応して欲しい点。

  • まともに日本語が使えるようにしてほしい。おいらの環境では日本語が入力できない・・・。表示はまぁ、なんとかなるんですが、半角・全角で崩れる・・・これって別のターミナルエミュレータとかだとちゃんと入力できるのかなー?
  • ネットワークドライブにアクセスできない・・・。samba-clientとか入れてマウントしようと試みたけど、インターフェイスがなんちゃら・・・とかいうエラーでダメ。見えない。というか、アクセスできない。なんか方法あるのかなー???
  • やっぱり使い慣れた centos とか・・・他のOSにも対応してほしい・・・

追記:

よくよく考えてみれば、CMD.EXEから起動するWSLのbashって、コンソールログインと同じ扱いなのかな・・・だとすれば、WSLのubuntu側で日本語入力できるターミナルを入れないとダメって事? Linux・・・というかCentOSですが、インストール時や緊急時以外、コンソールからログインなんかしないし・・・もししても日本語を入力するような作業することはまずないので気付かなかった。だけど・・・コンソールログインして日本語ってそもそもできるの???? っていうレベルの知識しかないです、ハイ(笑)

DOSでいうFEPみたいなもの入れるのかなー?分からん。分からん。

コメントを残す